読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MOMOKURA

カナダ在住お気楽デザイナーのつぶやき

【英語】否定形の質問に同意の時はNO!

カナダ在住4年と3ヶ月になりました。

 

私が今でも苦手な英会話、それが

否定形の質問に同意する時YESかNOどちらで答えるかということ。

 

 

例えば

You didn't eat breakfast, did you?

朝ごはんたべてないんでしょ?

 

に対する答えは

 

食べた: Yes, I did.

食べてない: No, I didn't.

 

日本語だと

 

食べてないでしょ?

うん、食べてない。

 

なのでついついYesと反応してしまいがち。

 

 

You didn't send the email to client yet, did you?

クライアントにまだメール送ってないよね?

 

No, I didn't. I'm thinking to send this afternoon.

まだ送ってない。午後に送ろうと思ってる。

 

 

などなど、職場での確認会話などでよく使う文法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

WordPress 高速化のために導入したプラグイン

まずはどれだけ遅いのか知る

PageSpeed Insights

f:id:momo_clan:20170525103935p:plain

 

リンクからサイトのURLを入力するとモバイル、パソコンでの点数を表示してくれます。とりあえず改善が必要のよう。

 

 

試したこと↓

1. 画像サイズ

EWWW Image Optimizer

en-ca.wordpress.org

アップロードした画像をまとめて圧縮できるプラグイン。

 

Lazy Load

en-ca.wordpress.org

通常画像が読み込まれてからページが表示されるのに対し、ページが読み込まれてから画像を表示してくれる。

 

2. キャッシュの再利用

W3 Total Cache

en-ca.wordpress.org

データベースを経由するワードプレスにありがちな動きの遅さを、キャッシュを再利用することによって高速化してくれる。

 

3. ソースの最適化

Header Cleaner

en-ca.wordpress.org

読み込みに時間のかかるJavaScriptをヘッダー内ではなくソースの最適な位置(ボディーの最下部)に持って行くことで読み込み時間を短縮してくれるプラグイン。

今回、ビジュアルコンポーザーのテンプレートを使っていたせいか上手く動かなかったのでdeactivate。

【All-in-One WP Migration】 WordPressのドメイン変更&サーバー移設には絶対これお薦め!

 

f:id:momo_clan:20170514071213j:plain

All in One WP Migration plugin | ServMask Inc. 

All-in-One WP Migrationはワードプレスサイトのドメイン変更やサーバー移設をする際に超絶おすすめなプラグインです。

 

移設作業にはmySQLのエクスポートをして、Wordpressサイトのファイルを移管して、、、という作業を行うとこもできますが、

 

.htaccessなどのファイルを落としやすい

MySQLのドメイン書き換え

 

などとなかなかうまくいかないことも多々。。。

 

All-in-One WP Migrationはそのようないくつかのプロセスを踏まなくても簡単にドメイン変更やサーバー移設を行うことができます!

 

 

 使い方

  1. All-in-One WP Migrationを古いサイト、新しいサイトの両方にインストールする
  2. 古いサイトからファイルをエクスポートする
  3. 新しいサイトにファイルをインポートする
  4. パーマネントリンクを保存する

 

 

 

1. All-in-One WP Migrationを古いサイト、新しいサイトの両方にインストールする

まずはワードプレスのプラグインエリアから”All-in-One WP Migration”を古いサイトと新しいサイトの両方にインストールする。

 

 

 

2. 古いサイトからファイルをエクスポートする

プラグインを入れるとこのようなメニューが出てくるのでExportをクリック。

f:id:momo_clan:20170514075230j:plain

 

 

エクスポートする際にドメインの書き換えが行われるので

上の段に古いサイトのドメイン

下の段に新しいサイトのドメインを入力。

Export toの中からファイルを置く場所を選ぶ。

f:id:momo_clan:20170514075235p:plain

 

 

 

3. 新しいサイトにファイルをインポートする

次は新しい方のワードプレスサイトにログインし、インストールしておいた同じプラグインのImportから先ほどエクスポートしたファイルを読み込む。

f:id:momo_clan:20170514073200j:plain

 

 

読み込みが完了すると次のような画面が表示され、パーマネントリンクを保存するよう指示がありますので従いましょう。

f:id:momo_clan:20170514073155j:plain

 

 

 

4. パーマネントリンクを保存する

Settings-Permalinksの画面に行きページを保存します。

f:id:momo_clan:20170514073149j:plain

 

以上です!!

 

これで新しいドメインを入力するとサイトが表示されます。

 

servmask.com

【P3 - Plugin Performance Profiler】WordPressの管理画面が遅い時に入れたいプラグイン

今回初めて高品質のテンプレートを購入したというのに

インストール早々から管理画面の動きがとんでもなく遅い!

 

ということで、遅い原因がなぜなのか、どのプラグインによるものなのかを教えてくれるという

P3 - Plugin Performance Profilerを使って見ました。

 

en-ca.wordpress.org

 

 

結果はご覧の通り。

思った通り、ビジュアルコンポーザーがほぼほぼの原因のようです。

f:id:momo_clan:20170314101302p:plain

お高いテンプレートを買ったというのに

それが原因だとは、、、なんだか残念。

 

このプラグイン、現時点で2年もアップデートないけど

Godaddyが著者なので間違い無いでしょう。

 

楽せず行けってことか。

 

 

 

 

 

 

 

 

Google Fontsで検索したフォントが見つからなかったらGoogleがふざけてきた!

ポートフォリオサイトの

フォントが気に入らないので

何かいいフォントないかな〜と

グーグルフォントで

入力検索してたら、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:momo_clan:20170204141729p:plain

 

 

 

\ ( ^Д^ ) /え?

 

 

 

f:id:momo_clan:20170204141730p:plain

 

 

 

(='X'=)ん?

 

 

 

f:id:momo_clan:20170204141731p:plain

 

 

 

(o^^)oや!

 

 

 

f:id:momo_clan:20170204141732p:plain

 

 

 

\(o_o)/ NO FONTS FOUND!

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:momo_clan:20170204141734p:plain

f:id:momo_clan:20170204141736p:plain

f:id:momo_clan:20170204141735p:plain

f:id:momo_clan:20170204141737p:plain

f:id:momo_clan:20170204141739p:plain

f:id:momo_clan:20170204141733p:plain

 

 

遊び心がいいねGoogle!